※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本屋の店員×BL本を買う常連

秋原は今、最大のピンチに直面していた。

「よぉ、アキじゃん。俺の事覚えてる?」

いつもの本屋のレジに居たのが、小学校時代の同級生だったからだ。
秋原は、今すぐにこの場から消え去りたい衝動に駆られた。

別に、相手は同性だから、ヤラシイ本の購入現場を見られてしまうくらいは構わない。
だが、今己が持っている本は、ヤラシイ事はヤラシイが、BL本。
ましてや、片田舎の本屋で元同級生なんて、下手したら、己の趣味が1日で元級友に伝わってしまう。

秋原は、瞬時にそこまで考えた後、出しかけた本を引っ込めた。

「久しぶりだな、寺田。なに、お前ここでバイト始めたのか?」
「母さんがギックリ腰になってさ、その代打だよ」

苦笑する寺田に、秋原はふと、眉をひそめた。

「あれ、でも寺田なんて名字の店員さんいたか?俺知らないぞ」
「うち、別姓なんだよ。多分、福澤って言えば分かるか?」

秋原の脳裏に、衝撃が走る。
なぜなら、彼女こそが、自分をBLの世界へと目覚めさせたその人だったからだ。

なぜなら彼女こそが、自分をBLの世界へと目覚めさせたその人だったからだ。
さらに寺田は、爆弾を落とした。

「そういや母さんが、お前が定期購読を頼んでる本、届いたって言ってたぞ。なんだっけ、めんずまっくす?とか言うやつなんだけどさ」

そう、今日は秋原が定期購読するほど大好きな、アンソロジー本の発売日だった。
しかもテーマは、調教。
手に持っているのは、そのバックナンバーで、幼なじみがテーマだ。

寺田が背後の棚を探っている間、秋原は遠い目で現実逃避をしていた。
せっかく、家から離れた場所の本屋を、BL本調達用の拠点にしたのに、と内心地団駄踏んでると、例のアンソロ本を持ってきた寺田が、困惑していた。

「どうした寺田、顔真っ赤だぞ?」

秋原の問いかけに、寺田は若干視線を逸らし気味に、一枚のカードのついた本をカウンターに置いた。

そこには、キレイな文字で、こう書かれていた。

『息子へ
妄想もいいけど、こういうのを見て勉強なさい』

秋原は眩暈がした。
己の本を使って、息子に伝言するな、とか、元級友と知っててやったな、とか色々あったが、寺田の発言に度肝を抜かれた。

「なぁ、こういう事について勉強したいんだけど、お前、他にも何か持ってるか?」

秋原は、黙って、手に持っていた本を差し出した。