※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

権力者の初恋

生まれながらに権力を約束されていた。
見目麗しく学問に秀でた、大国の王太子。
性格は冷酷というより酷薄。
人の心がない、非人間と陰で散々に言われていた。

手に入るものに興味はないから、欲しいものなど何もない。
かしずく者は疎ましい。治める民は愚かしい。
万人を平等に見下し、当然ながら恋愛とは無縁に日々を生きていた。
そんな王子も父王の退位を受けて王位に就くこととなり、各国から慶賀の使者が続々と訪れる。
若い新王は酒癖が悪く、 めでたいはずの酒宴で誰彼かまわず論戦を吹っかけた。
そこで使者の一人と、有名な詩人の作品を巡っ て議論を戦わせた。
議論に決着はつかなかったが、王は使者の才気を気に入り、手元にとどめ置くことにした。

使者はよき友になった。何といっても、まず聡 い 。
歳の離れた兄のように王を甘やかし、 時には愛 情深い父親のように非を叱った。
知らず渇いていたものを満たされて、王はたちまち夢中になった。
公務にも、饗応の席にも、狩りにも、寝室にさえ、公然と彼を伴った。
先王の忠臣たちは眉をひそめたが、王に諫言を 聞く耳はなかった 。

ところが使者は偽者だった。
監禁されていた本物の使者が逃げ出し、そこから偽使者の素性が知れた。
彼は、王を暗殺するために送り込まれた市井の男だった。
王が経緯を質そうと男のもとへ踏み込むと、男は自らのどを掻き切り息絶えていた。
物言わぬ遺骸の傍らに、遺書が一通残されてい た。

男が、先王の時代に滅ぼされた小国の生き残りであったこと。
親族を失い、故国の復讐を企てる集団によって育てられたこと。
王の命を奪うべくこの国に送り込まれたこと。
こうして私人としての王に接し、王が詩を愛する心をもつ人間であることを知り
本来の目的を果たせなくなった今、死んで詫びるより他に道はないと綴られていた。
共に過ごした思い出、感謝の言葉とともに、赦されなくてもいい、ただ幸せだったと結ばれていた。

王が人間らしく取り乱したのは、後にも先にもその時限りだった。
王は男の亡骸と詩集を棺に入れ、国を挙げて大々的な葬儀を執り行った。
それからは身を慎んで国を治め、死ぬまで詩を口遊むことはなかった。
最初で最後の恋だった。