※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紳士受け

「わかりました」
 と言われたからには、合意の上だ。何の問題もない。年の差も、立場の差も。
 ネクタイは自分で外してくれた。
 そのおぼつかない手つきを見て、引きちぎるようにボタンを外したのはこっちだった。
 外しながらキスをした。
 まったく為すがままに、息継ぎもできずに呼吸を荒くするので、俺はますます余裕をなくす。
 ズボンに手を伸ばして、ビクッと腰を引かれた。
「……よしてください」
 やわらかく拒絶。
 こんな時まで敬語使いだとちょっとおかしくなりながら、ああ、やっぱりという思いがする。
 本来ならこんなことできるはずもない相手なのだ。
「いいって言ったのに」
 責めると、乱れた前髪に隠れるような視線が惑って、
「……まだ、シャワーも浴びていません」
 ほっと胸をなで下ろす。
「シャワーは無理です」
 と、触れた。布越しにもみしだく。ベルトをはずし、手を突っ込んでこすり上げる。
 ずっと妄想してきたそれは、期待を裏切らず反応を高まらせる。
 顔を見れば、いつもの穏やかな笑みはなくて、潤んだ目。歪んだ眉。
 唇を強く噛みしめているので、またキスすると、吐息が漏れる。
 普段からは想像もつかない表情に、やっぱりとんでもないことをしている気がした。
 どうしても上司は上司。それも、本来こんなこととはかけ離れた人で。
「だ、大丈夫ですか?」
 思わず手を止めた、その時。
「すみません、驚かせました」
 腕をつかまれ、逆に謝られてしまった。
 できる限りの冷静さを装った、でも隠しようもなく震える声。
「君に軽蔑されるんじゃないかと……今、心配しています」
 落ち着くつもりか、ため息のような深呼吸を二、三度繰り返し、それでも乱れた息づかいのまま、
「自制ができなくて、恥ずかしいです。でも、どうぞ、続きをお好きなように」
 とん、と俺の肩に頭を預けて言ってくれたので。
 俺は、その首筋も、俺の手の中の固く張り詰めたものも、全部俺のものでいいんだと、ようやく理解ができたのだった。