※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

攻めにだけ甘い受け

レモンは孤独だった。
いつも一人ぼっちというわけではなかったが、彼は孤独だった。
元来、彼自身が直接口にされることは稀である。
そのため彼は、砂糖をその身に纏ったり、クリームに身体を沈めたりしていた。
ときには、果汁を搾り出して抜け殻のようになることもあった。
それらはある意味、自分を偽る行為と言えたが、彼は気にしていなかった。
強い酸味は己の宿命であることを、彼は充分に理解していたのだ。
そしてそれ故に、自分のあるがままを受け入れられることは難しいことも。
いくら味を薄められ誤魔化されても、この酸味が必要とされるなら、それで良いとも思っていた。
ただ、自分を見て周囲が眉をしかめ「酸っぱそう」と囁く度に、彼の心は少しだけ痛んでいた。

ところがある日、そんな彼の前に一人の男が現れた。
彼の名はミラクルフルーツ。
彼は笑顔でレモンに言った――『君はとても甘い味がするね』

レモンは最初、この男は何を言っているのかと驚いた。
酸っぱさから敬遠されている自分をからかっているのだと思った。
しかし、ミラクルフルーツは大真面目であった。
彼にとって、レモンは本当に甘かったのである。

レモンはずっと、強い酸味は己の宿命、アイデンティティであると思ってきた。
甘い甘いと喜ばれるのは他の者の領分で、自分には関係ないと。
ところが、初めて「甘い」と言われ、彼は己の内から沸きあがってくる感情に戸惑っていた。
その感情が喜びなのか、アイデンティティの揺らぎに対する不安なのか、わからない。
しかし、目の前でニコニコ笑っているミラクルフルーツを見ていると、どうでも良いことに思えてくる。

「お前は本当に変わってるな。俺を甘いだなんて」
「まあ、自覚はあるけどね。僕は変わり者だ。でも嘘はつかない」
「知ってる」
「本心だよ。君はとてもとても甘い。齧りつきたいくらいだ」
「ふん」
「ま、僕にとって、という条件付きだけどね」
「……構わない。お前にとってだけ、俺は甘くあろう」

そう言って、レモンは少しだけ笑った。