※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NL世界の住人×BL世界の住人

「NL世界の住人×BL世界の住人ですね。
まずNL世界の住民。NL世界の住人だから恋愛対象は女の子。つまりへテロセクシュアルだ。
主人公ではなくて住民。つまり報われないライバルか、ヒロイン高感度を主人公に教えるしかない男か、それとも画面にすら出ないモブか、と仮定する。
んでもって左がわ。つまりは攻め。上記の特徴からヘタレ攻めであることが推測される。
次にBL世界の住人。定義が曖昧すぎてこういう受けだと絞れないけど私の趣味で素直になれない(男に恋心を抱いてる自分を受け入れられない)男と仮定する。
この掛け算の答えは何か。わかる人は手を上げなさい」

ノンケヘタレ攻め×ツンデレ受け=

先生は黒板に大きく方程式を書いた。皆、難しい顔をして悩んでいる。
顔を上げた生徒がヒントくれヒントとわめきだす。
「君たち授業中ですよ……全く。ヒントは進展の遅いカップルで、受けからのアピールによる恋愛であるということです」
ますますわからない。そんな顔をする中ただ一人が手を上げた。
「先生」
「はい、雄一君」
「時代背景はどのようになっていますか?」
おいおい。この方程式だけで解くんじゃないのかよ。
「この程度の答えすらわからないとは……今年は不作ですね。
……いいでしょう。時代背景は現在、学園ものの先輩後輩の関係です」
難しい。この先生答えを言うまでが長いし寝るか。後で雄一に写させてもらお。
そう考えた俺はクラスの2/3が取っているように机に顔を突っ伏して眠り始めるのであった。