※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そんなつもりじゃ無いんだけど

「だから、そんなつもりじゃ無かったんだってば」

さっき二人で歩いている時、不意に女の子を目で追った。追ってしまった。
何も意識は無かった。多分。

「……お前さあ」

つりあがった目をさらにつってギロリと俺を睨む

「お前さあ、俺に無いモノ求めるのやめてくれる。じゃあ、女にすればいいじゃんってさあ」

思うじゃん。
バツが悪いのか、はたまた俺の目もつりあがったのが判ったのか、
うつむいたまま絞るように付け足した

「だから、そんなつもりじゃなかったって言ってるだろ。町中の人間誰も見ちゃいけねーのかよ」
「そんな事……」

大きな声で半ば逆ギレみたいになった自分をひそかに反省する。
判っている。俺は男も女もいけるクチだから、俺もこいつも何か焦ってるんだ。
二人とも黙ってしまう。
何て言えば、ナカヨくできるのか。こんな変な喧嘩、早く終わらせたい。
だって――

「お前が好きなんだよ」

先に言われてしまい、何も言葉が出なくなる。

「女なんてさあ、勝てねーよ。俺おっぱいとか無いしさあ。髪とか……やわこく、ねえしさ」

さっきとは違う意味でうつむいたこいつに両手を伸ばす。
きつく抱き締めて、ぴょんぴょん跳ねる猫っけに頬を寄せた。

「俺も、お前が好きなんだよ」

低い嗚咽が聞こえる。
こんなヤキモチやいて、こんな事で泣くこいつが時々すげえ面倒だけど好きで、俺は、

「お前が好きで、女とか男とかそういう事じゃなくて、すっ……好き、で、
 それから、どうしようもなく好きで、好きで……好きで、俺……どうすればいいのかな。
 俺、頭悪くてさあ」

相手のすすりに合わせて俺の目にも涙がにじんだ。
――しばらくこのままで居ればいいんだよ。このバカ。
そう答えられた時には、ひと粒ふた粒こぼれていたけど。