※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

色気のある男

二重だけどパッチリ系じゃない切れ長の目。
髪は黒髪で、艶があるストレート。仕事では地味な紺のスーツ。中肉中背。
手はきれいかな。細長い白い指をしている。
後ろから耳元で話しかけられるとゾクッとする。なんだっけ、赤い彗星みたいな声っていうの?
それが同じ会社の同じフロアにいる三年下のあいつだ。ごく普通のどちらかと言えば地味系に入るやつだが、かなりのくせ者である。

夜の会社のトイレは注意しなければならない。たまにいかがわしい声が聞こえてくるからだ。
夜だからって職場でやるなよ。しかも男子トイレ。AVかよ。
俺は隣の個室で用をすませて、電気を消して出て行った。何かぶつかる音がしたが、多少の嫌がらせは許されてもいいだろう。

そんなことがあった翌日も注意しなければならない。大抵あいつが俺を待ち伏せしているからだ。
「鈴木さん、おはようございます」
「ああ、おはよう…」
すかさず俺に小さい声で耳打ちしてくる。
「この間は見逃してくれてありがとうございました」
「この間も、だ。いい加減社内はやめろ」
「言い出したのは俺じゃないですよ」
「お前が断りゃすむ話だろ」
「断りますけど、向こうがそんな余裕がないみたいなんですよね」
まあ、お前はフェロモンまき散らしてるみたいなもんだからな。
毎回相手は違う。俺が知っているだけでも何人目になるのか。

ふたりだけの残業も気をつけなくてはならない。あいつはやたらと側によってくるからだ。
「そっちはどうですか?終わりそうですか?」
肩に片手をやって、パソコンを覗き込むふりをして後ろから耳元に話しかけてくる。
わかっててやってんだろ。見え見えなんだよ。
「……高橋がさぁ、彼女と別れたって聞いた?」
「へえ、そうなんですか」
「原因作ったのお前だよ?」
「ふうん。もう関係ない人なんですけどね」
サラッと流すコイツは恐ろしい。
「人の嗜好に口出す気はないけど、なんで毎回違う男なの」
「日によってカツ丼を食べたい時もあれば、蕎麦を食べたい時もありませんか?」
「高橋は蕎麦かよ」
「蕎麦じゃないですねえ。強いていうならラーメンかな?」
高橋。お前はラーメンだってさ。安い男だったな。
「男だったら色んなタイプを味見したい。この気持ちわかってくれると思いますけど」
「わかるけど、わかりたくない」
「誓っていいますが、俺からは誘ってないですよ」
「嘘付け。誘ってるだろ」
「違いますって。来る者は拒まずですけどね。自分からはいかない。これは俺のポリシーですから」
これは食べてはいけない禁断の果実だ。俺は絶対に負けてはいけない。
「でも、もうそろそろ主義変えてもいいかなと思ってるんですよね」
両肩にあいつの手が乗るのがわかった。
「鈴木さんって色気がありますよね。男の色気ってやつ」
「なんだそれ」
「我慢できないです」
お前の中で俺は何料理になるんだよ。
聞こうと思ったが、その時にはもう唇はふさがれていた。