※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

同情でもいいから

キッチンというほど広くもないけど、それでも部屋とはガラス戸で区切られている。
けどもちろん鍵なんかかかってないから、結局のところ言い訳でしかない。
その証拠に、戸を開け、薄い布団に潜り込んで取り出したものは、さわる前から立ち上がっている。
「甲野君、駄目。来ないで」
固い声が俺をたしなめるけど、構わず握る。
本気で駄目だと思ってるんなら、蹴り飛ばせばいい。

戸川がいたから俺は駄目になった。
失恋というには客観的にだってひどい仕打ちだったから、だから立ち直れないという甘えに身をまかせた。
半ば当てつけだった。ひとりだったらちゃんと何とかしたんだ。
こいつが俺を病院に連れて行ったり、飯を食わせたり、無くした金をくれたりしなければ。
部屋にひとりにならないよう、と布団を持ち込んでこなければ。
馬鹿じゃねぇの、と罵倒すれば、もう何かを無くすのはいやなんだ、と言った。
それはお前の彼女でしょ? 俺はお前の彼女じゃない。
むしろ憎しみしかない、お前の彼女にも、一緒に消えた俺の彼氏にも。
そう怒鳴りつけたら、戸川は小さな声で「誰かと一緒にいたい」と言った。
何か騙されてるんじゃないか、俺。
この世に、いいひとってのがいるんだろうか。

戸川なんか信じてないから、わざと嫌がることをする。
戸川だって本当は嫌じゃないから、黙って俺にこんなことされてるんだろう。
目を閉じる顔が誰を思い浮かべてるかなんて、簡単に想像がつく。
彼女の腹は俺の彼氏のタネだという。だってこいつら、やってなかったらしいから。
「俺、戸川さんに同情してるの。可哀想な童貞ちゃんだもんね」
わざと強くしごきたてた。確かに経験豊富ではないらしい戸川はあっさりいく。
気持ちよくいったくせに「こんなことは、もう……」と俺の手から逃げる。
「……甲野君は、好きでこんなことしてるんじゃないでしょう?」
ずっと年上のくせに、いつまでも崩さない丁寧な話し方がカンにさわる。
「そんな同情とか僕はもういいから。もう、しないでほしい。お願いだ」
さんざんさせておいた後で、素に戻って説教かよ。
「俺、好きでしてるの。こうしてると彼氏のこと思い出すんだ」
わざと哀れっぽくうつむいてみせると、戸川の顔はこわばった。
俺が同情といい、戸川もまた、俺を憐れむ。
戸川は俺を恐れてしたいようにさせているに過ぎず、俺はただ、彼を追い詰めて逃げ道を塞いでるだけだ。
「……いいじゃん、気持ちいいでしょ?」
冷えた背中を合わせ、苛々と目を閉じる。
最初からあきらめはついてる。