※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

せいろがん

「おい」
「はい、なんですか先輩」
「てめぇナヨっちい癖にあんまり調子乗ってんじゃねぇぞ」
「ナヨっちい、ですか」
「なんだよ今の世の中はよぉ、やたら優しさだの取っ付きやすさだのばっかり有り難りやがって」
「癒やしブームなんかもありましたしね」
「大事なのは強さだろうが! いざという時優しさで人が苦しみから救われるか!?」
「確かに、優しいばかりじゃ駄目かもしれません」
「駄目なんだよ! なのに最近の奴らは俺が臭いとか身体に悪そうとか、馬鹿げた理由で避けやがる」
「……」
「――悪い。ただの八つ当たりだな、こんなの」
「そんな、謝らないで下さい」
「ま、価値観なんざ時代時代で真逆にだって変わるもんだしな。
今は俺みたいなアクの強いのより、お前みたいな穏やかで見た目もいい奴が――あ、いや」
「先輩、僕のことそんな風に思っててくれたんですか?」
「…………あぁそうだよ! お前色白いし俺と違って臭くもないし安全だし!
正直憧――妬ましかったんだよ!! 笑えよ畜生!」
「笑うわけないじゃないですか」
「!?」
「僕はただの乳酸菌だから、先輩みたいに歯痛は止められない」
「それはそうだろうが……」
「さっき先輩が言った通り、先輩のアクの強さは効き目の強さの証なんです。
その強さにも、百年愛され続けた歴史にも。僕だって、憧れてるんです」
「なっ、お前、お、俺は別に……っ、変なこと言ってんじゃねぇぞコラ!」
「ふふ、すみません」

「笑ってんじゃねーか! ……ありがとな」
「? 何か言いました?」
「言ってねーよ! ――おら仕事だ、黙っとけ!!」


「え、何でお前んちセヰロガンとビヲフヱルミン両方あんの?」
「症状で使い分けてるんだよ。好きな方飲んでいいぞ」