※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いまさら言えない

「好きだ」

何度口に出そうと思ったか。
でも、お前の想いは知っていたから、言えなかった。
言ってしまえば、優しいお前の事だ…真剣に悩んでくれただろうな。
もしかしたら、身分違いの恋なんて諦めて、俺の傍に居てくれたのかもしれない。
でも、もう遅い。
お前がこの国から居なくなって10年。今日、この国に新たな法律が加わった。
同性同士の婚姻の自由。
記念すべき同性婚第一号はこの国の元王子と、その側近の騎士。
正直、まだ世間の風当たりは厳しい。
心無い言葉で彼らを罵倒する民衆も少なくない。
それでも幸せそうな二人の姿を見て、逆風は収まりつつあった。
ああ、本当に幸せそうで、涙が出る。
悔しいのか?悲しいのか?…分からない。
一つだけ分かるのは、素直に祝福できないという事実だった。

休日、街の市場で最悪な光景を目にしてしまう。
「お!マーロ!久しぶりじゃないか!」
「ああ、こんにちは!マーロ騎士団長」
そこには、市場で仲睦まじく買い物をしている二人の姿があった。
「ああ、どうも」
最悪だ。二人がこの国に戻ってきて数ヶ月、会わないように避けてきたというのに…。
「最近どうだ?騎士団のほうは」
「お前が居なくたって、わが国の騎士団は最強だ」
「そうだな!」
ははっと朗らかに笑う声…ああ、好きだ。
「シオ…騎士団に復帰する気はないか?」
「んあ?」
「最近、近隣の強国が戦の準備を始めていると聞く。
お前の力が必要になるときがくるかもしれない」
「…そうか?俺が居なくてもわが国の騎士団は最強なんだろう?」
「お前が指揮をとれば、より強くなれる」
「……悪いな、マーロ。俺は今まで、確かに国のために全力で戦ってきた。
でも、ホントは国の為なんて建前で俺は…愛する人を守りたかったんだ」
そう言いながら、シオは俺のほうに視線を向けてはいなかった。
その視線の先には、国よりも自分の欲を選んだあざとい元王子。
みすぼらしい格好に落ちたその姿には、かつての王族の威厳など一つも見えなかった。
こんなのの何処が良いんだか…。
「そうか…残念だよ」
俺はそう言うと、彼らに背を向ける。
「気が向いたらまた声をかけてくれ…」
「ああ、またな」
去り際、二人の会話が聞こえてくる。
「今夜は野菜のスープとパンだね」
「すまんな、ニト…俺に稼ぎがあれば…肉食わせてやれるのに…」
「いいんだよ。元々肉好きじゃないし」
「よっし!たまには狩りにでも出るかな!」
「おお!良いね!私も弓の腕前を見せてあげるよ!視力が戻ってから特訓したからね!」
二人の笑い声に、耳を塞ぎたくなる。
喉元まで出かかった言葉…やっぱり言えなかった。
タイミングを逃してしまった以上、多分、もう、一生口には出来ない。

「結婚…おめでとう…」