※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そっと手を繋いでみた

暖房のきいた居酒屋から一歩外に出ると、ひんやりとした夜風に身が竦んだ。
とりあえず駅まで歩くぞー、と幹事の号令がかかり、俺達はドヤドヤと移動を開始する。
宴の余韻そのままの周囲のテンションとは逆に、俺の足取りは重かった。
元々酒を飲むと沈み込む性質な上に、大勢でわいわい盛り上がるのは不得手なのだ。
それでもゼミのメンバーと親睦を深めようと思って今日の飲み会に参加したのだが、
結局深まったのは孤独感だけという笑えないオチだ。
独りを貫いておけばいいようなものを、なんであがいてしまうんだろう。
なんでもっと幸せになりたがってしまうんだろう。俺はなんでいつも――
「かとーくん元気ー?」
「えっ?」
脇からいきなり話しかけられて、落ち込み続けていた意識が引き戻される。
「……や、酔ってテンション下がってるだけだから、平気」
話しかけてきたのは、小谷という男だ。
今まで他の講義でも何度か顔を合わせてきたが、なんとも掴みどころのない変な奴だ。
俺に言われたくはないだろうが。
「ヘー。奇遇だねえー俺は酔ってテンション上がってるんだー今」
あまりハイテンションとは思えない間延びした口調で、小谷は笑った。
別に奇遇でもなんでもないだろうと思っていると、
「ほい」
夜の外気に晒されていた俺の右手が、温かいものに触れた。
「ああ温かいな」と思ってから、それが小谷の左手だと理解するまで数瞬かかった。
「……なにこれ」
他のゼミ生たちが前方で騒いでいるのを見ながら、とりあえず俺は尋ねた。
「んー、手と手のシワを合わせてシアワセー、って。幸せになろーぜー」
トロンとした口調のまま小谷は答えた。
こいつ相当飲んだんじゃないか、いつも以上に訳がわからない。
「いや、あれ合掌だろ。やるなら一人で手合わせとけよ、一人で幸せになっとけよ」
普段ならスルーしているところだろうが、痛いところを突かれた気分になって、
思わず絡むような言い方になってしまった。
すると、
「そんな事言うなよ!!」
小谷がいきなり怒鳴った。
突然の変貌にぎょっとした俺は思わず隣を見やる。
彼はこちらを向いていなかった。ただ、繋がれた手に、ぎゅうっと力が込められた。
「なんで『一人で幸せになれー』とか言うんだよー。
 俺は、かとーくんにも幸せになって欲しいんだよー。
 というかぁ、かとーくんと一緒にじゃないと、俺幸せになれねーよー。
 二人で幸せになんなきゃ意味ねーだろーがーバカヤロー」
さっきの怒号から一転して、今度は駄々っ子のように言い募る。
その間、俺の手を握る力は強くなる一方だ。
なんだこれ。ただの酔っぱらいの戯言だろうが、それにしたって言ってることが無茶苦茶すぎる。
けれど、なんで俺はこんな酔っぱらいの戯言ごときに、必死になって涙をこらえているんだろう。
「小谷君」
数回ひっそりと深呼吸をして、ようやくまともな声が出せた。
「んー?」
「手が痛い」
「え、あ、ごめん」
まだ不満げだった小谷だが、俺の言葉で我に返ったようにあわてて手を離した。
とたんに、右手から温もりが逃げていく。
名残り惜しい、と思った。そして、そう思ったことに自分で驚くよりも早く、
「あ……」
俺は小谷の手をそっと繋ぎ直していた。
「かとーくん……?」
こんなもの、酔った上でのじゃれあいに過ぎない。
夜が明ければ、きっとなかったことになる。それでも、
「離したら、寒かったから」
この手の温もりが、今の俺にはこの上ない幸せのように感じられた。