※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

童顔の上司

誰もいらっしゃらないようなので、僕がプレゼンを務めさせていただきます。
それではスクリーンもしくはお手元の資料をご覧ください。
わが社の童顔の上司は次の通りです。

①たぬきタイプ
相性の良い部下:苦労人タイプ 
何を隠そう我が社の社長もこのタイプです。
普段はとにかく何も出来ません。てゆうかしません。でも可愛いので許されます。
一体なぜそんな人が社長なのかって?【社外秘】です、申し訳ありません。
第一秘書の佐伯くんも、社長が見た目子供のようなので、
初めは遠慮していたようですがね・・・今ではすっかり慣れてしまって。
毎日のように社長に辛辣な苦言もしくは体罰を浴びせています。
我が社ではこれを児童虐待もどきと呼んでいます。
でも彼、夜は優しいんですよ。子供体系も時には役に立つんですね。

②頭脳は大人タイプ
相性の良い部下:ヘタレ熱血漢タイプ
我が社の営業本部長、星野さんです。その可愛らしいティーンエイジャーのような
お顔に似合わぬ、シニカルな笑みを湛えていらっしゃいます。
課長である上島さんと同い年とはとても思えません。
一見してお二人は犬猿の仲ですが、学生時代からの知人だそうです。
有事の際には、素晴らしいコンビネーションを発揮なさいます。
腐れ縁なのに相手がヘタレなので関係が進展しない、と酔った星野さんが
珍しくぼやいていました。未成年に見えるから手が出しづらいのでは?

③ツンデレタイプ
相性の良い部下:大型犬タイプ
研究開発部のチーフ、神崎くんがこちらに当てはまります。*0代だとは思えぬ
美貌の持ち主で、プライドが高く理知的でいらっしゃいます。
配属3年目の大輔くんが、配属当初、自分と同じ新人だと勘違いして
ブリザードの洗礼を浴びていたのはまだ記憶に新しいですね。
そんな彼らも今ではすっかり良いコンビ!まるでトップブリーダーと
猟犬のように・・・ってあれ?
力で押さえ込まれたチーフの羞恥に歪む顔がたまらない、と大輔くんから
聞いたことがあります。神崎くん小柄だし、大輔くん大きいからなぁ。


「あっ社長!こんなところにいたんですか!
仕事してください!本当役立たずですねあんた!」
い、いやちょっと社内見学の案内をね。
「君たち、うちに入るつもりなら、この人の面倒を見る覚悟は
できているんでしょうね?ほら、行きますよ社長」
いたた、痛いよう佐伯くん~