※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

期間限定の恋

二月の澄み渡る空に、合唱の声が抜けていく。
仰げば尊し、我が師の恩。
練習をしているのは、卒業を来月に控えた三年生だ。
ピアノの音色が心地よく私の耳に余韻を残す。
彼が卒業した、ちょうど一年前を思い出した。
あの日も、彼はいつもと同じ穏やかな笑顔で私に微笑んでいた。
来月からは大学生ですね。
私は模範的な教師の顔で微笑み返す。
早咲きの桜が、彼の肩で舞っていた。
先生、好きです。
彼はまたそのときも、私に告げた。
そういった彼と、在学中、戯れに唇を重ねたり、気まぐれに肌を重ねることもあった。
いまとなっては、それらはまるで夢のようだ。

歌声が聴こえなくなった。
授業の終わりを告げるチャイムが鳴る。
彼とは、卒業式以降会っていない。
彼の連絡先も進学先も、彼の担任であった私は知っている。
けれどこの一年、私は彼に連絡を取ることをしなかった。
彼もしてこなかった。
先生、好きです。
一瞬の静寂に、彼の声がまざまざと蘇る。
記憶が、一年前に引き戻される。
私は堪らず、両手で顔を被った。
彼は今、きっと楽しいのだろう。
強い彼は、私のことなど、石につまずいたくらいに思うことができるはずだ。
それでいい。
私のことなど、彼は忘れていなければいけない。
彼と私は、生徒と教師という時間の中で夢を食っていたに過ぎないのだから。
その限られた時間の中で、確かに私は恋をしていた。
確かに恋だった。ただ、それだけのこと。