※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はじめて同士

「え?」
お互いに固まった。
さっきまで、こっちがいいやらあっちがいいやら、明日の初デートに備えてファッションショー。
ベッドの上に散らかした服達の中から選んだジーンズ。
それを手にして顔を上げたら、勢い良くぶつかった。
唇。
ガチンと音がして、口の中が切れたみたいだ。
さっきまでの笑いあっていた空気が、今では音もなく固まっている。
「あー…、ごめんな」
笑ってポンと肩を押す。
「彼女より先に奪っちゃった」
てへっとワザと馬鹿っぽい声も出す。
吉沢は口元を押さえたままで、固まりきっていて反応がない。
ああ、真面目そうだもんな、吉沢。
ショックだったんだろうな。
未だ固まったままの吉沢の目の前で、ヒラヒラと手を振る。
「よぉしざぁーわー?」
ハッとした表情で一瞬ビクリとした吉沢は、ベッドの上であからさまに及び腰。
赤い顔して逃げる様に距離を作って、無言で何度も顔を振る。
日頃のクールぶった態度が嘘みたいだ。
「なに?お前、初めて?」
制服の白いシャツの上から胸元を押す。
さっき以上に慌てふためく様子が可愛い。
選んだブラックジーンズに、ラグランを投げつけ、オレはベッドの上で立ち上がる。
「大丈夫、今のは不可抗力だから。サトコのチューと一緒だべ」
うちの可愛い御年18歳になるサトコお嬢。
オレらよりも2つも年上の、それはそれは怖いけれどもチュー魔で可愛いシーズー。
怒ると踏み踏み足踏みをする。
サトコとチューは毎日だから、それと一緒。
ピョンと勢いつけて、スプリングの利いたベッドから飛び降りる。
さっと両手を広げて足を揃えた見事な着地。
「じゃあな」
見たこともない彼女への嫉妬で泣き出す前に、部屋を出ようとしたオレの手首をがっつりと吉沢が掴む。
なんだ?と思う前に、引き寄せられてキスされた。
「よ…っ」
硬くなって竦んだ首の裏に、吉沢の手が添えられる。
ガチガチに緊張して、唇に歯が当たる痛みに、さっきぶつかった時以上に口の中に血の味が広がる。
オレだってサトコ以外とキスなんてした事ないけれど、こいつのキスがヘタクソだって事だけはわかる。
こんなヘッタクソなキスして、惚れてんのはお前だけだと思うなよ。
彼女どうすんだよ、とは思ったけど、奪えばいいかなんて最初から出ていた結論を胸の中で再確認した。