※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

独り言から始まる恋

おれとおーたが友達かっていうと、多分ちがう。
おれは友達だと思ってるけど、おーた的にはちょっと話すクラスメイトって感じ。だと思う。
おーたは根暗っぽい外見で、見たまんま大人しいけど、おもしろいこと言うし、色々ヘンなこと知ってる。
だからおれはおーたに話しかける。おーたはウザそうにしてるけど、無視しないで相手してくれる。
何でかなーって思って訊いてみたら、今のクラスになってすぐ、イジメの一歩手前みたいな嫌がらせがあったんだけど、
おれがおーたと仲良くなったらなくなったから、おれはイジメっ子避けらしい。
おーたが仲いいっていったのが嬉しかったから、くわしい内容は覚えてない。

二月に入るとみんながバレンタインの話をしだした。
おれは女子の友達がけっこう多い方だと思う。生チョコねだってみたらめんどいからヤダって言われた。
や、板チョコでもべつにいいけどさ。
おーたは甘いもの嫌いらしいから、三日に豆をプレゼントしてみた。
投げつけられた。あ、袋ごとね。おれが鬼なのか。でもちゃんと拾って持って帰ってくれた。

今年のバレンタインは月曜日で、その手前が三連休。
おーたは休みの日は、メールは付き合ってくれるけど遊んでくれない。
三日会えないのはさみしいって言ったら一緒に帰ることになった。おーたは平日はけっこう付き合いがいい。
途中でコンビニ寄って、バレンタインのコーナーを眺めながら出たら、
おーたが何かぼそっと言った。チョコとかなんとか。
どしたのって言ったら、おーたはびっくりしてた。ひとりごとだったのか。
言いたくなさそうにしてたからそれ以上訊かなかったけど、しばらく歩いてたら結局教えてくれた。
おれの頭がチョコ色だって。チョコよりは明るい色じゃないかと思うけど、暗くなってきたからそう見えたのかな。
じゃあバレンタインにはおれをプレゼントするよ、って言ってみた。
頭にリボン巻いてこいって言われた。ねーちゃんリボン持ってるかな。