※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バンド内恋愛禁止

「ヘイケイヴ、なんだよこのPVの内容は!だからあんなプロデューサーに任せるのは嫌だったんだ」
「しょうがないさジョー、過激なのが俺達のキャラクターなんだから」
「だからってこの内容はあるか!?これじゃ話題性だけ、僕らの言いたいことがひとつも入らない、それに…」
「そのベッドシーン?」
「そう、この大胆すぎる、ね!なんで僕がこんな…これじゃまるでポルノ映画だ!」
「よく言うよ、舞台の上でいつも暴れて俺を殴ったりキスしてくるのはどこのどいつだ?」
「それはただのパフォーマンスだよ、そうすると皆過激だって喜ぶだろ?意味はないよ、分かってるだろケイヴ」
「だからいいじゃないか。これだって意味なんてない、ただ君の暴力的で淫乱なキャラクターがよく表現されるってこと」
「だからってこんなやり方は反対だ」
「往生際が悪いな、周りは皆もうこの方向で動いてるんだぜ?それに、俺とのホモ疑惑だって一掃されるかも」
「女とPVで絡めばホモじゃないってか?馬鹿みたいだ、アレがおったってるかどうかも映しやしないのに」
「ハァー…」
「なんだよ」
「溜め息も出るさ。
へいジョー、真面目な話だ。ライブでハイな気分に任せて俺に絡んでくるのはいい加減やめてくれ」
「いきなりなんだよケイヴ、別に意味はないって言ってるじゃないか」
「嘘をつくなよ。お前が俺のことずっと好きなのは分かってるんだ」
「……。僕だって、お前がそうされて嫌がってないのを知ってる」
「けど、そういうのはバンドにはいらない、だろ?慣れ合いの関係なんか糞くらえだ。
お互い何年も前からそう思ってやってきたはずだ」
「……だからプライベートでは一切何もしちゃいないだろ?ライブのはキャラクターだって」
「未練は断ち切れよ、ジョー。俺は断ち切ったぜ?
未練を断ち切ればそうやってイラつきもしなくなる。俺達はバンドマンなんだ」
「…分かったよ。そうだな。俺がガキだったよ」
「分かったらPVもきっちりやれよ。あのプロデューサーはお前のウリを良く分かってる。
いいPVになるよ、お前の色気で世間を騒がせてやれ」
「ああ。よく見ておけよケイヴ、男も女もみんな僕の虜にしてやるよ」
「俺たちはプロだからな」
「ああ、そうだな」