※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もうどーでもいい

もうどーでもいい、と大の字に寝っころがった。
竹下は困った顔をして、「お、おい……俺は、そんなつもり、じゃ」とモゴモゴ言った。
「そんなつもりなんでしょ? もうわかったからさー、1回だけいいって言ってんの」
俺は意地悪くせせら笑った。
竹下のことは嫌いじゃないが、ウジウジとまわりくどいのにたまにイライラさせられる。
もともと竹下が言い出したんじゃないか、俺のことが好きだって。
でも見てるだけでいいから、このまま友達でいさせてって。
わかった、と俺は答えた。正直すごく驚いていたし思いも寄らなかったし、
なにより恋愛感情とか隠しそうなキャラだと思っていたから、男らしいじゃんとちょっと見直しさえした。
ところがだ、その日からジットリ熱視線攻撃がすごい。
講義もそうでない時間もまとわりつくって感じで、そんで話すことが
「藤井は女の子とつきあったことある?」「初恋ってさ、どんなだった?」
「歌手の○○ってさー、ゲイらしいよ」「友情と愛情って何が違うんだろうね?」
……わかりやすい。わかりやすすぎ。
ほんで他の友達交えて飲みに行こうものなら、隣ずっとキープ。
尻寄せられーの、肩当たりーの。
「なんか俺酔っちゃったぁ、ははははは、藤井大好きー!」なんてしなだれかかりーの。
うそだ、お前そんなに弱くないだろうがっ。ときおり鋭く俺と他の奴を窺う視線が痛いっつーの!
好かれて悪い気はしない、が、いい加減嫌になってきた。
俺が竹下のこと好きだって言うの、待ってるんだよな、これって。
正直言うと、俺は竹下のことかなり好きだった、ただし友人として。
話もノリも合う、気のおけない一番の親友。それじゃ駄目だったのかな。
「俺達……友達じゃん」
何度そうつぶやいたかわからない。どうしてこんなことになったんだろう。
何か打開策はないか、と思っているうちに今日も竹下はうちに来て、晩飯食って飲んで、
風呂まで入っていそいそと布団を敷いて、何かを期待している。
期待に応えることはできない。お前と同じ気持ちにはなれそうもない。
でも友達がしたいって言うなら……親友が望むことなんだから、いいのかな、もう。
だってもう疲れたんだ。前みたいに竹下と馬鹿話ばっかりしたい。
ガンダムとか実家の猫とか、そんなどうでもいい普通の話。
「藤井……本当に……?」馬鹿が、前言をひるがえしてにじり寄ってくる。
目をつぶった頬に、暖かい体温が感じられる。
はー、はー、と聞いたことのない荒い息が、すぐ側に聞こえる。
……馬鹿は俺だ。もう戻れない。