※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夜間飛行

通りを歩いていると、誰かが「星」と呟いた。
思わず空を見上げると、信じられない量の星が見えた。
そして、見覚えのある星座を見つける。

――― お前知ってるか? あれオリオン座なんやぞ?

耳に慣れた彼の言葉が聞こえた気がした。
『この前聞いた。それにしても、東京でこんなにくっきりと星が
 見えるなんて、初めての経験だな。…お前のおかげか?』
俺は心の中で、そう答える。
彼のはにかんだような嬉しそうな笑顔が浮かびあがる。

あの会話をした時は、二人ともまだ田舎にいて。
夜中に家を抜け出して、田んぼしかない道のど真ん中で、バカみたいに星を
見て色々話していた。大きくなったら何をしよう、あれがしたい、これが
したい、どこにいこう、どこかにいける。そんな会話をしていた。
おずおずと差し出された手。握りあった指。交わした体温。
昨日のことのように覚えているのに。

――― こうして夜空ばっかり見てたら、飛んでるみたいに思えてけぇへん?
『銀河鉄道の夜?』
――― あんなんみたいに悲しい結末じゃないよ。ピーターパンや。
『あれも別れるんやん』
――― じゃぁ、俺がファビアンなら、お前はリビエールや。
『夜間飛行か。最悪やん。俺はずっとお前を胸に前に進まなきゃあかんのか』
――― 当たり前やんか。
そう言って笑いあったお前の顔、いまだに鮮明に浮かび上がるのに。
なぜ俺は、お前の手を離してしまったのかな。

彼の魂が天に昇る日が、こんな星空で良かった。
今日は星も街の光も綺麗だから、寂しがりやのお前でも寂しくないだろう。
星空から視線をはずし、前へ進もうと一歩踏み出した。
目の前がにじんでぼやけていたけれど、俺は歩きだした。
後悔しても、何もかも遅い。せめて前へ行かなければ。