※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

やさしいライオン

「さっさと食えよ」
「で、でも……」
さっきからこの問答の繰り返し。
「腹減ってるんだろ?」
だから俺を追い詰めてるんだろうが。
「で、でもきっと痛いよ」
「そりゃそうだろ」
肯定してやればさらに泣きそうになる。
勘弁してくれ。
「なら俺はもう行くぞ」
「だだだだダメだよ!そんな足じゃすぐ別の奴に捕まるよ!」
「誰のせいだ!」
今自分の足は真っ赤に染まっている。
逃げようとして岩の隙間に挟んでしまった。
情けない。
目の前でお腹を鳴らしながら涙ぐむライオン程ではないが。
「もういいから、はっきりしろ……」

「その怪我じゃ逃げられないから……」
ザラリとした舌が足をなぞった。
「逃げていいから、少しだけ食べさせて。怪我が治るまで」
そう言いながら、傷を労っていく。
どれだけお人好しなのか。
「そんなんじゃ、腹は膨れないだろ」
「おいしいよ」
ヌルリとした感触に背筋が震えた。

あれからどれだけ経ってもライオンはただ舐め続けるだけだ。
「まだ、痛い?」
「痛いから……ッ……早く、食べろ」
「食べない」
もう足は赤くない。
いくらでも走れる。
舐めているのだってもう足じゃない。

逃げない自分と舐め続けるライオン。
馬鹿なのはどっちだろう。