※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3人麻雀

「あ、ワリィそれ当たり」
「うっそマジ?今日ついてねぇー!うっわ、しかもドラ2かよ勘弁してくれよー」

そんな二人をぼんやり眺めながら、僕は自分の牌をパタン、と倒した。

「やっぱ3人じゃ回るのはえーよ。なあ、健一のヤツ今日帰ってこねぇの?」

いつもだったら、もっと楽しいんだけど。

「おい、卓二?」
「…あ、ごめん。ちょっと分からないや、聞いてないから…」
「そっか、珍しいな。お前らいつも二人ワンセットなのに」

ずきり、と胸が痛んだけど、僕はそれを押し隠して笑顔を作った。
「えー、そうだっけ?もういい年なんだし、そんなことないよ」

ジャラジャラと牌を混ぜる音。
いつもだったら、僕の右隣に健一がいて。
それで僕がポンすると、飛ばされたって文句をいうのに。

今日は、いない。昨日僕がひどいことをしたから。

生まれた時から一緒にいて、それが当たり前だと思っていた。
生まれた時間は5分しか違わないのに、
なんとなくアイツは兄貴風を吹かせたりして。

そんなところが可愛いと思ってた。ずっとずっと、大好きだったんだ。
だから…。

今日、木枯らし1号が吹いたってニュースでやっていた。
こんな寒いのに、今頃何してるんだろう。早く帰ってくればいいのに。

「おい卓二、お前調子悪いのか?」
「今日はもうお開きにするか?そういや顔色もなんか白っぽいし」

「…そんなことないよ。ちょっと冷えちゃったのかも。お茶入れてくるね」

僕はそういって、慌てて台所へ向かった。
アイツがいないのに、二人が帰ったらこの部屋に僕一人になっちゃうじゃないか。
狭いアパートなのに、一人だとやけに広くて寒いんだ。

「はやく帰っておいでよ、兄さん…」