※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「話して、尊いその未来のことを」

握った手は冷たかった。刻一刻と熱が失われてゆくその手を握り締め、俺は号泣していた。
絶望と後悔に胸は裂けそうなほど凍えているのに、頬を伝う涙は焼けるように熱かった。
俺は握り締めた手を自分の頬に押し当てた。

この涙の熱さが、お前にうつればいいのに。
お前の中に流れ込み、消えそうな熱を留めてくれればいいのに。
それが、絶対に不可能なことだと判っていても、願わずにはいられなかった。

「泣か、ないで下さい、マ、スター」
途切れ途切れの声で無理を言う。涙を止めることは出来なかった。
「無理だ…」
「マス、ター。私は、マスター、が生きて、おられるだけで、嬉、しい…のです」
「馬鹿言え…俺は、嬉しくない」
「嬉しい、のです。マ、スター、貴方の、み、らい…守れ…こと。
貴方が、話し…下さった…尊い、ゆめ…」
嗚咽が喉を突き上げる。馬鹿だ。こいつは、いつも。
「お前がいないと意味がない!お前が…!」
「マ…ター。最、期に、聞か…て、…さい。も…いち…ど」
もう、ほとんど熱は残っていなかった。消える。消えてしまう。焦りと絶望感に支配されながら、
けれどこいつの望みを叶えたくて、言葉が口をついて出る。
「海に…海に、行くんだ。お前は海は駄目だけど、きっと行けるようになる。
最初は泳げなくても、波打ち際で話をするだけでもいいんだ。
お前に潮風を浴びさせてやりたい。あの匂い、潮を渡ってくる風の匂い。
行けるようになる。俺がきっと…」

涙が落ちた。もう、声は聞こえない。止まってしまった鋼の身体。
熱を生み出していたモーターの、羽音すら聞こえない。
俺の涙で濡れたお前の体は、潮の匂いがして、余計に涙が止まらなかった。