※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

平民低身長×貴族高身長(のほほん)

「やあ、お久しぶりで!」
後ろからの声に振り返ると、一ヶ月前より日に焼けた彼がにこにこと敬礼していた。
小麦色の肌に愛嬌のある笑顔がよく似合う。
「遅かったじゃないか、休講は先週までだぜ」
「そこで、今から教授のご機嫌伺いに行くのですよ」
「一緒に行こう」
「お忙しいのでは?」
「暇さ。君がいないとどうにもつまらない」
「ご冗談を」
「本当さ。他の連中は大抵、僕と本気で喋ろうって気がないとしか思えないね」
「皆恐縮しちゃうんでしょう、おそれ多くって」
「よく言うぜ」
呆れた顔を見せると、彼は声を上げて笑った。周りの学生がちらちらと振り向く中、僕らは肩を並べて歩いて行く。

幾分歩幅の違う二人だが(失礼)、彼は快活な足取りを披露して、それを全く苦にしない。
僕はやっと、細胞が覚醒して、休暇ボケから覚めていくような気がした。
「帰省中何をしていたんだい」
「見ての通り、野良作業ですよ。ああやって腰曲げてばかりいるから、背が伸びないんだな」
「君んちは地主なんだろ?」
「そのはずですがね。多分、貴方の想像なすってる地主とは、虎と猫ほど規模が違うんじゃないですか。
だがそれにしたってうちのお袋は頭がおかしい…、普通田舎に帰ったら、
そんな暇があれば勉強してろと言われるか、ちやほやされるかじゃないのかな。
それをさんざんこきつかいくさって…」
「だが料理の腕は素晴らしいよ」
「……」
「……」
「…うちで焼いたパイなら、今回もありますけど。帰りに寄られますか」
「お言葉に甘えよう」
「物好きな方だな。ただの田舎パイじゃないか。何がいいのかなあ」
そんなことを言い合ううちに、もう目的地の前だった。
「とにかく、復学が遅れるのは良くないな。
授業のことはともかく、僕を一人にして、退屈させるのは良くない」
「物好きな…、ほんと、何がいいのかなあ」
彼は首をひねりつつ、研究室へと入って行った。