※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コスモス・時間旅行者

『――いつか、どこかで出会えるはずだから』

そう言って離した手のぬくもりを思い出す。



時間は差し迫っていた。
国は分裂し、同じ血で結ばれたはずの民族は
明日には武器と武器をつき合わせて睨み合う間柄に。
幼かった俺に、そんな事情を理解できるはずもなく
ただ肩に置かれた父の手のいつにない力強さに震えていた。
あの人は最後も俺に笑いかけて、大きな手で俺を包んでくれた。

父は。
旧い名誉を重んじる家の跡継ぎとして、捨てるわけには行かなかった。
家を。そして俺を。



もしあの時、俺という存在がなかったら父はどうしていただろう。
何もかも捨ててあの人に着いていったんだろうか。
日々の糧も安寧すら保証されない放浪の旅に。

何度も父に問いかけようとして、口に出せなかった問いに
答えを出さないまま、今日父は逝った。
最後にかすかに動いた唇で呼んだのは誰の名前だったんだろう。



あの頃に戻りたいと願う。
時間を逆戻りして、昔に戻りたい――
あの人と父が笑っているところが見たい――

今の俺であれば、きっと父を送り出すことができただろう。
自分の身だけでなく、他人も守れるほどの力で
笑って父の背中を押すことができるのに。
どうか死なないでくれと言って、二人を見送ることができるのに。



今日、父は逝った――