※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

派閥対立

仮眠を取ろうと足を踏み入れた休憩室には、既に他の人間が居た。
眠そうな顔で目蓋を擦ってソファにどっかと腰掛けた俺に、向かいの椅子に座っていた相手が声をかける。
「あっ、あのっ! 斉藤先生ですよね!」
弾んだ声音は、随分と若々しい。
興奮しきった目でこちらに話しかけてきたのは、先日転任してきたたばかりの若い医師だった。
紅潮した頬を手で抑えると、勢い込んで俺に告げる。
「俺、学生時代に先生の論文を読ませていただいたんです。
それで、その……すごく感銘を受けて小児科に!お、お話できて光栄です!! 」
よほど緊張していたのだろう。
一息にそこまで言って、ふぅ~っと長い息を吐き出す。
顔は見る見る間にさっきの倍は赤くなり、その心臓の鼓動がこちらにまで聞こえてきそうだった。
俺なんかと話すのにこんなに真っ赤になるなんて、全く何て無駄なことを。
そう思いながらも、自分の言葉に影響を受けた人間が目の前に居ることに対して、少しばかり嬉しくなる。
口元を綻ばせて『こちらこそ光栄です』と言い掛けた瞬間、しかしふっと嫌な予感が脳裏をよぎった。
『こちらこそ』の『こ』の形を作ったまま、唇が固まる。
その口唇から結局別の言葉を吐き出して、彼へと尋ねた。
「……君、出身はどこって言ってたっけ?」
俺の問いに、彼は一瞬首をかしげるようにしながらも、すぐさま誇らしげな声で答えた。
日本最高峰のその国立大学の名を聞いて、俺は小さく天を仰ぐ。
いつの間にか汗をかいていた額を平手でぴしゃりとやって、首を左右にゆらゆらと振った。
「そりゃぁ、君、俺なんかと話しちゃいけないな」
「……はい?」
「俺はK大の出身だから。 そういうの、色々あるんだ。ここは」
苦笑したような顔で告げれば、相手は「そんな」と反論するように語気を荒げる。
その彼の血気盛んな目を見据えて、なだめる様ににこりと笑った。
「悪いけど、そういうわけだ。俺にはあまり話しかけないでくれよ」
言って、腰を上げ立ち上がる。
背を向けた彼の口元から、ぎりりと歯を噛む音がしたのは、きっと俺の気のせいだろう。