※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

友人以上恋人未満

「ねえキスしていい?」
「……ダメ」

小さく首を振られたことにがっくりとくるがその仕草にぐっとくる。
「なんで?」
「ダメなもんはダメ!」
「ちょっとくらいいいだろー」
「そ、そういうのは大人の恋人がするんだよっ」
頬が赤い。
堪らなく可愛らしいけどここは引きさがれない。
「えー!いっつもしてんじゃん」
「してねぇよ!」
「おじさんとおばさんに毎日されてるって言ってた!」
ピタッと動きが止まる。

あれ?

「…………ほっぺた?」
「そうだよっ!……もしかして」
「違うっ!オレは別にっ」
必死に否定しようとしているのか、もごもごと呟く。
顔を背けたまま視線はうろうろとさまよっている。

もしかしてこれはチャンスだろうか。
今なら不意打ちで出来るかもしれない。
善は急げ。
ドキドキとする間もなくぐっと顔を近づける。

と。
コチラを振り返られた。

ありえねー!
なんでこんなタイミングで。
けれどあと少しでキスできる。

なのに思いきりのけぞられた。
ここで負けてなるものか。

「なんで逃げるんだよ」
「逃げるに決まってんだろ!ほっぺじゃなかったのかよ!」
「そのつもりだったけど」

でももう止まらない。
ほっぺたじゃ我慢できそうにない。

「ねえ、好きだよ?」
のけぞったままビクリと固まる。

「恋人にしてよ」

無理矢理抱きよせた体は少しだけ震えているようだった。
もしかしたら震えているのは自分の方だったかもしれない。

初めてのキスは何だかよくわからなくて、ただ柔らかかった。