※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一卵性双生児

まるでガラス越し。
間近に見える、愛おしいその顔。
思わず舌をだし、目の前の顔を舐めとりたい衝動に駆られてしまう。
しかし、もどかしくもそれはかなわない。
はあ、と犬のように舌を出したまま、僕は手をそっと自分の体に添わせる。
ちらりと前を伺えば顔を紅潮させ、愛おしい者を見る目が返ってきた。
びくりと自分の中心が震えた。
もう 耐えられない。
「…、っ…」
熱くなった部分へと手を伸ばせば、たいした時間も必要なしに僕は精を吐き出すこととなった。
「…は…ぁ、…」
どろりと手の中に残った青臭く白いもの。
それを目の前へと塗りつける。

『お前』が、僕のにまみれているよう、な。

あまりにも愛しく思え、思わず僕は鏡に口付けた。

まるでガラス越し。
こんなにも同じなのに。

そっと鏡に手をつける。
指に触れたそれは冷たい。

こんなにも同じなのに、心だけは違う。

愛しい者と同じこの顔でなければきっと、もう少し僕は

僕は