※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

指先が掠めた

触りたい。
けど、触れてしまえば、
ふたりの関係性は今までとまったく違うものになってしまう。
頭ではそう考えるのに、震える指先はゆっくりと、ごく、ゆっくりとしたスピードで、
綺麗な色の唇に近づいていく。
(だめだ)
(やめなくちゃ)
(何、してるんだろう)
そんな言葉がぐるぐると頭を巡っている間にも、指は唇に触れそうになる。
「ん…」
自分の気配に気づいたのか、彼が微かに身じろぎして、寝返りを打った。
途端。
引っ込めかけた指先と、唇が一瞬、掠める。
(……え、)
(柔らかかった?)
(分かんない、分かんないよ)
すでに何が分からないかも分からずに、指先に微かに残った感触に、
ただ、泣きそうになりながら立ち尽くしていた。