※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幼馴染

幼馴染のふたりは、いつも寝る前に「おやすみのキス」をします。
小さい頃お母さんたちが教えてくれました。
最初は軽く「ちゅっ」と触れるだけのキスだったのですが、
どこで覚えたのか、テレビドラマなのか、親のしてるのを見ちゃったのか
いつの間にか、舌と舌を絡めるような所謂ディープなのになっていることは
お母さんたちは気付いていません。

そんな「おやすみのキス」はいつまで続くか。
小学校高学年ともなれば、さすがにキスがどういう意味合いを持つのか
わかってくることでしょう。
恋人でもないのに、しかも男同士でこんなのはおかしい…と一人が気付き、
もう一人はそんなことはまったく気にしない、天然だか鈍感だかだといいですね。
そして、気付いたほうの彼は、さらに自分の恋心も発見し自覚するとなおよろしい。
幼馴染の同性に恋したとなると、その相手とあいさつでする、気のないキス(しかしディープ)
それは拷問でしかありません。
そしてキスを避けるようになるわけです。

中学生になってさらに恋心は募り悩めば悩むほど、相手との距離をとろうとします。
自分を誤魔化すために、恋人を作ったりするかもしれません。
その相手は、男でも女でもいいと思うのですが、やはりここは効果的に男でいきましょう。
いつまでも幼く鈍い幼馴染もさすがに気付く。
今までは誰より近くにいて一番だと思っていた彼に、自分より仲がよさ気な男が現れる。
ここで、そう、生まれるのが嫉妬!

さて、妄想力に定評のある御姐様方ですから、これから先は敢えて書かずにおこうと思います。