※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あなたの後ろに

君の後ろを、僕は歩く。

「オレたち、中学卒業してもまだこうやってるんだろうな……きっといつまでも」
たわいのない君の一言。僕は小さくうなずいて、
「そうだね」
そう言って、空を見上げる。
「まあ、またなんかあったらオレに言えよ。ちょっとくらいはお前の力になってやれるから」
振り向いて後ろ歩きをしながらにいっと笑う君。
「僕だっていつまでもガキじゃないよ」
夕日を逆光に受けた君の笑顔は本当にまぶしくて、僕はなんだかとても優しい気持ちになれた。

ねえ知っているかい? 僕はその、君の笑顔が好きなんだ。……好きだったんだ。

君の後ろを、僕は歩く。

月のない道を、君はよろよろと。
電信柱にぶつかって、そして君は泣いていたね。
「馬鹿やろう……いつまでも、一緒にいるんじゃなかったのかよ!」
君のそんな顔と声に、僕はものすごく申し訳ない気分になった。
慣れない酒のせいで、君はいつもよりも不安定で。
「ごめんね」
僕はそう言って彼を抱きしめた。抱きしめたかった。笑って欲しくて、ただそれだけのために。
僕は今はもうぬくもりなんてないんだけれど。きっと気付くことはないんだろうけど。