※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウォシュレット

ウォシュレット付きトイレ。
「…おぉ…コレが噂のッ…!!」
たかが便器如きで思わず膝をつき観察する俺。
貧乏人な俺とはえらい違いだ。

「いまどき珍しくないっつーに」
「いーやッ、珍しいね! 一般家庭でこんなんがあるだなんて、ましてやお前、学生一人暮らしだろ!?」
お前は呆れながら無視。だけど俺はなんだか用を足してしまうのが勿体無くて、
便座くらい自分で上げろっつのなんて思いながら、便座をリモコンで上下させつつ遊んでいた。

「お、ウォシュレットボタンだ。押してみよ…」
俺は遂に床に座り込み、リモコンのボタンを押す。
ピッと機械音がして、便器の奥から細長い棒が出てきた。

なんだかこの時点で軽く感動。たかがケツ洗う道具に。
そして次の瞬間、先っぽから水が
びしゃーッ!
「ぬおおおおおおッ!?」
水が、真上に飛び散りだした。

声を聞いてお前が飛んできた。
「おまえストップボタン押せこの馬鹿アホドジ間抜け!」
お前はその長文を一息で言うと、俺が行動するより先にリモコンをかっさらい、自分で押した。

激しく飛び散った水。天井、壁、床、いたるところが濡れていた。
おぉ、ウォシュレットの威力…これでケツ洗ったらむしろ痛そうだ…。
なんだか俺は別の意味で感動した。

「お前、死ね」
「いやぁ、こんなことになるとは…」
「拭け!雑巾で拭け!お前が雑巾になれ!」

そんなお前を前に。
「…なぁ、【便意リズム】ってどんな音楽なんだ?」
俺は、不思議なポップスに関心を寄せていた。