※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2人で一人前

「あんたなら、俺を“いかせる”と思ったんだよ」

「生命が惜しくないのか?」と問う俺に、
あいつはいつもそう言って笑ってかえす。
誰よりも速く、誰よりもワイルドに、誰よりも魅力的に、
風になる様に走らせたいが為に、俺が出す指示は危険極まりない。
本来コパイとしては許されない、ありえない奴だ。俺は。
分かっちゃいるのに、自分では走れない、このマシンを走らせることができない。
そんなドライブテクニックは俺には与えられなかった。
だからコパイの道を選んだ。些かの葛藤と、仄暗い感情と共に。

“ドライバー殺し”と言われる俺と組みたいという酔狂な奴。
絶妙なテクニックを持ちながら、勝てない男。
何で俺にはない技術を持ちながら、お前は今まで走れなかったのか。
その力が俺にあったなら、俺は風を見られただろう。

そんな嫉妬と葛藤に対し、奴は笑ってそう言った。
「あんたなら、俺を“いかせる”と思ったんだ」

あいつは言う。俺を道具に使えと。俺の望む走りを叶える道具にしろと。
俺はあいつを“行かせる”。風の中を、森の中を。
俺はあいつを“活かせる”。誰よりも速く、誰よりも魅せる走りを。

走らせる俺と、走るあいつ。
俺を、あいつを、誰よりも魅力的に“いかせる”舞台へ、
お前と共にいつまでも向かう。その笑いと共に。


―――
車のレース(RALLY)のドライバーとコパイ(副ドライバー;ドライバーへの運転指示や
道指示などを出す役)のイメージです。