※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

朝までいちゃごろ

襖一枚隔てた隣の部屋から、いつまでも聞こえる話し声。
何をやっているのか、時折、押し殺した笑い声もする。
明日は朝早くに出発なのに、さっさと寝なくていいんだろうか。
まあ、仕方ないか。
従兄弟の孝ちゃんが家に泊まりに来たのは一年ぶりだ。
毎年恒例になってる親類集まっての旅行も、昨年は兄と孝ちゃんの二人が受験生というやつで行けなかったから。
もともと遠方に住んでる孝ちゃん家族と会えるのは、旅行のときくらいだった。
兄は夏休みになってからそわそわしっぱなしで、どんんだけ従兄弟好きなんだ、と妹ながらに思う。
同じ高校に行きたいと父に頼み込んでいたことを知っている。
独り暮らしはまだ早いと諭され諦めさせられたことも知っている。
大学は絶対同じとこ行こうな!とか電話で話していたのも知っている。
妹は何でも知っているんだよ、お兄ちゃん。
中学生になってから、孝ちゃんが泊まりに来ると、私だけ襖のこちら側に布団を敷かれてしまうのだが、
本当はそういう心配をすべきはあっち側の二人なんだってことも、もちろん知っている。

襖一枚隔てた隣の部屋から、いろんな音が聞こえてくる。
明日は朝早く出発なのに、さっさと寝なくちゃいけないのに。
雨戸の隙間から見えた空は、既に白け始めていた。