※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

年明けには君と二人で

「蕎麦も伸びきってんなぁ」
「汁が見えませんね」
「こんなの食えるか。しかし、ひと仕事終えたから腹も減ったよな、
コンビニ行ってカップ蕎麦でも買ってくるか?」
「カップラーメンならありますよ」
「バカ、年越しは蕎麦だろうが」
「外も寒いしラーメンでいいですよ、同じ麺類ですしいいじゃないですか」
「お前も屁理屈ばっかりだな」
「応用力があるんですよ、お湯入れますね」

「紅白はどっち買ったんだろうなぁ」
「そうですね、大トリ見てたら急患でしたしね」
「処置してたら年越してたもんな」
「カウントダウンも出来ませんでしたね」
「あー、年越した感じしねぇなぁ」
「だったらもう一度2人で仕切り直しますか?」
「は?」
「2人だけでカウントダウンです。いい考えじゃないですか?」
「ふ、ふたりで?」
「よしやりましょう、すぐやりましょう。
テレビは紛らわしいから消しますね」
「ちょっと待て、まだ心の準備が・・・」
「新年は待っちゃくれません。ハイ、10」
「え、おい、・・・9」
「8。今年も忙しかったですね」
「7。そうだなー当直ばっかりだしな。」
「6。でも俺は楽しかったですよ、当直」
「5。まぁ、勉強にもなるしなぁ」
「4。だっていつも大好きな石田先生と一緒で嬉しいしね」
「は?ちょっとそれはどういう・・・」
「さ、後は2人で一緒に!」
「3、2、1!ハッピーニューイヤー!」
「なぁ、今のは」
「石田先生、今年はもっと仲良くしてもらっていいですか?」