※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日で五年目

朝起きて、何も変わらない部屋を見渡して、ああすっかり慣れたんだな、と思った。
相変らず散らかっていて汚い部屋だな、としか感じなくなってからもう大分経つ。
妙に広くて寂しいとかそういうことを考えなくなって、もう大分経つ。

顔を洗って、ひげをそって、食パンをかじって、歯を磨いて、寝間着から外に出られるだけの格好に着替える。
今日もバイトだ。未だに僕はフリーターだ。
夢なんか追いかけて馬鹿みたいだと母は言う。僕もそう思う。そう思うけど、まだ踏ん切りがつかない。

あの頃、僕たちはふたりで夢を追いかけてた。目指す方向は違ったけど。
あいつのCDジャケットは僕がデザインするんだとかぬかして、そりゃお前ミュージシャンとデザイナーが
恋人だったら一大スキャンダルだとか冗談を言って笑い合った。

そのあと僕を置いてかれは夢を掴み取った。このおんぼろアパートを出て、知らない町へと去っていった。
いつかそういうときが来るんだと思っていたから、覚悟は出来ていた。
ううん、そんなのは嘘だ。
振り返らないと決めたのに、僕はまだこうして何となく諦めきれずにいる。
追いかけているのが夢なのか、かれの背中なのか、それともただ単に思い出にしがみついているだけなのかは、
僕自身よくわからないけど。

僕ももうすぐ三十歳になる。地元の父も僕に仕事を継がせたがっている。
潮時があるのなら今なんだろうと、最近ようやく思うようになってきた。

『それでは×月×日、今日の天気は……』

お天気お姉さんの声で今日の日付をようやく飲み込んだ。ああ、そうだ。今日だったんだ。
何の記念日でもない、ごく普通の日。
――あいつを笑顔で送り出して、もう五年。

来年はちゃんと思い出せるかどうか、ちょっと自信がない。