※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

握り返された手

お互いに嫌いだったはず。
相手は違う人だったけど、俺もあんたも長いこと片思いしてた。
その人を見る目や、気持ちが、手に取るようにわかった。
おんなじ、叶わない思いを持て余してた。
お互いの気持ちがわかる分、俺たちは近かった。
自分を見ているようで、あんたの事大嫌いだったんだ。

片思いの相手を諦めなきゃいけない時も、おんなじにやってきた。
気まぐれ、寂しさ、理由なんて何でも良かったんだけど、俺はあんたの手を握ってみた。

まさか、握り返されるなんて思ってもなかった。

いつのまにか近くにいる相手が大事になっちゃった所まで、おんなじなんて。