※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

40年ぶりの再開

定年を期に私は、十六まで過ごした故郷へ帰ることにした。
両親はとうに他界し、独身の私には家族と呼べるものもない。
いざ自由の身となって何がしたいのかを考えたとき、私の中にはひとつの選択肢しか浮かばなかった。
会いたい人がいる…故郷を離れて以来、会いに行くことができなかった、あの人に会いたい。

初恋とは、こうも忘れられずにいるものかと、この歳になって恥ずかしく思う。
今でも自らの内に鮮やかに痕をのこす、情欲の日々。

あの頃、私の世界はまさに彼一色だった。
日がな一日彼のことを考え、時間が許す限り触れ合っていたかった。
まだ年若かった私は、自分の内にある熱を、ただただ彼にぶつけることしかできずにいて、
時に卑怯とも言える手段で陥れることもした。
それが彼をどれだけ苦しめ、追い詰めていたかも気付かずに。

私たちの関係はあまりに危険だった。
彼は、私の通う高校の教師であった。

ろくに家に帰らない私を両親が不審に思いだした頃、彼は私の前から姿を消しのだった。


数年前、古い友人から、彼が再びこの地に戻ってきていることを聞いた。
教師を定年退職後、自宅で小さな私塾を営んでいるという。
30年連れ添った奥さんと昨年死別したことも知った。
二人の娘も既に嫁いで、彼は今、ひとりだ。


夏を前に大分長くなった日も、すっかり落ちてしまった。
「先生さよーなら」の声と次々に飛び出してくる子供たち。
家の門前で待つ迎えの親の元に走りよっていく。
一人の母親が玄関口に向かって会釈をする。
他の親たちもまた、家の中を覗くように挨拶をした。
二言三言言葉を交わした後、再び頭を下げ、皆帰っていく。
それらを見送るためにか、一人の老人が家の中からゆっくりと現れた。
白いシャツにスラックス姿の、白髪の老人。
子供たちは何度も振り返りながら手を振っている。

記憶の中の背中より、幾分小さくなったかもしれない。
薄明かりの中で一人佇む姿が、どうにも頼りな気に見えてしまう。
いつまでも手を振る子供たちに、老人は「さよおなら」と穏やかな声で応えた。
その声を聞いて、私は身体が熱くなるのを感じた。
喉の奥が詰まって苦しい。涙がこみ上げてくるのを抑えることができない。

子供たちが見えなくなってもなお、彼はそこに立っている。

外灯に気の早い夏の虫がぶつかる音が聞こえる。
静かな夜だ。

なんと、声をかけよう…。