※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドアをはさんで背中合わせ

逃げるようにして部室に入ると鍵をかけた。
と同時にノブを回しドアを叩く音と瀬田の声が聞こえる。
「先輩ここ開けてください、先輩?」
「嫌だ!絶対開けねー!」
「開けてくださいよ、どうして逃げるんですか!?」
「瀬田があんなことするからだろうが!!」
そう言うとドアを叩く音が止んだ。
俺は深く息を吐くとドアにもたれて座った。
「…すみません、でも俺…」
気配はするが、その後に続く声は聞こえない。
正面の窓から見える青空をぼーっと眺めながら考える。
瀬田の事は好きだ。
部活も熱心だし、賢いし、性格も良いし、話も合う、一番仲の良い後輩だ。
しかし、だからと言って、その、あんなことをする対象として見た事なんか無い。
「俺さ、瀬田のことそういう目で見たことないんだ。」
正直にそう話すとややあって「知ってます。」と答えが返ってくる。
瀬田も座っているらしく、その声はさっきより近くから聞こえた。
「なあ。」
「はい。」
「俺のどこがそんなに気に入ったわけ?」
「そういう所です。」
「『そういう所』ってどこだよ。」
「今、俺に話しかけてくれている所とかです。」
うーむ、さっぱりわからん。
人の好意は素直に受け取るべきだ。と、昔誰かに言われたことを思い出す。
しかしこれは受け取って良い好意なのか?
でも嫌いでもない瀬田に嫌いと言うのは何か違う気がする。
いつまでもぐるぐると考えながら、俺は窓の向こうの青空を見た。