※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤクザとその幼なじみの堅気

エリートを思わせるその外見にそぐわず、剣呑な空気を持ったその男は口元だけ笑わせて私を見た。
笑わない目にぶつかって私は思わず顔を逸らす。彼はまた少し笑ったようだった。

「で、どうする?断りたいなら断ってもいいが」
「・・・どうしても、今日中に答えないと駄目か?」
「今日中だ」

冷たい言葉に体が凍った。


武田はいきなり私のラボにやってきて、どちらかを選べと私に二つの仕事を提示した。
一つは、会社保存の禁薬の持ち出し。一つは、彼の持ち込んだ新薬の被験者を見つけること。
この新薬は毒ではないよ、と武田は言ったが、違法ではないとは言わなかった。碌なものではないのだろう。
某広域指定団体が後ろにあると誰でも知っている、輸入会社の名刺を改めてチラつかせて、
武田はまた「どうする?」と言った。

「相応の報酬は支払う。来月には子供が生まれるんだろう?金が必要じゃないのか?」
「・・・金には困ってない」
「ああ・・・それはそうか研究所長補佐殿。でも・・・なぁ?」

意味深に、武田は言い含めた。解っている。彼と旧知の仲であることが世間に知れたら、
それは醜聞となって世を駆ける。
重役の娘である妻は私を見限るだろう。会社も私を追うだろう。
製薬会社と指定団体の癒着はそれほどに嫌われるものだから。

「会社の薬は・・・持ち出しできない」
「そうか」

武田は短く答えて、私に薬包を示した。ろくでもない新薬。

「これは?」
「良くなる薬だ。解るだろう?」

解らない。色々意味がありすぎて、どれを選べというのだ。

「被験者は男に限る。年齢は問わないが、まぁ・・・お前くらいで丁度いい」
「私くらい?」
「お前でもいいんだ、大塚」

恐ろしいことを武田は言った。正体をまともに告げれらないような薬を私に飲めと?
どうかしている。この男はどうかしている。
私が結婚したくらいから、この男は急に私に連絡をつけてきて、無茶を言うようになった。
私に守るものができたからか?まだ独身の彼にはそんな辛さは解らないのだろうか。

「誰も犠牲にしたくないなら、お前が飲め」
「そんな・・・どんな薬かも解らないのに」
「だから被験者が必要なんだ」

彼は昔からこんな口調だった。頭は良いのに陰険な性格、他人を思い通りに動かそうとする傲慢さ。
ランドセルの頃から変わらない、私には特に無体を仕掛けるところも。

「ちょっと筋肉が弛緩して、記憶がトブだけさ。痛みはほぼ快感に変わる。
 まぁ・・・常習性のないアレみたいなもんだ」
「それだけ解ってるなら、なぜ今また被験者を探す?」
「まだ売るにはデータが不足しているからな」

言って、武田は私の手に薬包を捻じ込んだ。

「観察器具は用意しないでいいのか?」
「俺が見ててやる。それで十分だ」

お前が崩れていく様をな。そう言ってまた武田は声だけで笑った。
私には犯罪は犯せない。誰かを犠牲に選ぶことも出来ない。
酷い嘘だけは吐かなかった武田を信じて、私は包みを開いた。
「お前の子供は可愛いだろうな?」という一言が、私に決心を促した。
薬を飲むのは慣れている。水と一緒に一気に飲み下すと、訪れるであろう波に備えた。
意識がふわりと浮いて、暗転する一瞬、「こうでもしないと・・・」と武田が何か呟いた気がした。
目を閉じたので武田の顔が見えないのが残念だったが、私の意識の下から彼を呼ぶ私の声が聞こえ出していた。