※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「若」と呼ばれるキャラ

「斉木、馬を出せ」
「先の週も外にお出でになった様ですが」
「こんな屋敷にいると息が詰まって仕方ない」
「詩学はどう為されたのです」
「あれは好かん」
「殿がお嘆きになりますぞ」
「構わぬ。歌ばかり詠んで政を蔑ろにするお方だ」
「若!」
「独りではない、椎名を付けてゆく」
「ですが……」
「退け、これは命だ」
「……お気をつけて往ってらっしゃいませ」

「まったく、斉木は煩くて敵わぬ」
「若がお可愛いのですよ」
「もう童ではない」
「この椎名がお供するのも、若がいっとう大切だからです」
「よせ、気が重くなる」
「失礼致しました」
「椎名、例の物は持って来たか」
「此処に入っております」
「見られてはおらぬだろうな」
「城の者の目を盗んで参りました」
「さすが椎名だ。腕が立つ」
「勿体のうお言葉で御座います」

「馬が来るよ」
「馬?」
「お侍さんかしら?」
「いや、若様だ!」
「若様!」
「若様がいらっしゃるの」
「椎名様もご一緒よ」
「お師匠様、お外に出てもよろしい?」
「其の書写を終えてからに為さい」
「あーい」
「かしこまりました」

「みな良い子にしておったか」
「若様ァ!」
「若様、椎名様、お久しゅうございます」
「豊川、筆子らはどうだ」
「みな賢い子でございます」
「あら、お師匠様いつもは褒めてはくださらないのよ」
「康孝、手習いは進んでおるか」
「おいら此れを書きました」
「百人一首か。見事なものだ」
「若様、此れあたしの」
「どれ、見せてみろ」
「とよは顔が丸くなった」
「非道ォい」
「はは、違いねえ」
「歳を取れば美しくなるぞ」
「とよ、椎名様に娶っていただけ」
「いや、私が貰ってやろうか」
「えらい玉の輿だ」

「さ、並べ。順々だ、押すのではないぞ」
「城に届いた大福餅だ。礼を言えよ」
「わァい、椎名様、有難う御座います」
「若様の計らいであるぞ、若にも申し上げよ」
「若様、有難う御座います」
「どうだ、美味いか」
「甘ァい」
「頬っぺたが落ちそうだ」
「おや、きよは食べぬのか」
「持って帰ってお父様とお母様に差し上げたいのです」
「優しい子だ、もう一つやろう」
「その一つは若様と椎名様でお召し上がりください」
「何を申すのだ」
「きよはお二方にも召し上がって戴きたいのです」
「では3つに割ればいい。此れできよも食べられる」
「おお善道、素晴らしい案だ」
「……豊川、この寺子屋の筆子は真に賢いな」
「有難う御座います」
「そなたのお陰だ」
「お気遣い、感謝致します」

「若、何故此のことをお隠しになるのです」
「表沙汰にしなければならぬことでもなかろう」
「殿や斉木が喜びます」
「それが気に食わぬ」
「若、あなた様は良い殿になられます」
「よせ」
「若は椎名の誇りで御座います」
「其れは当たり前であろう。お前と私は一蓮托生だ」
「……嬉しゅう御座います」
「さあ飛ばすぞ、日が暮れると斉木が煩い」
「畏まりました」