※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

愛しい人

今まで出会った者は皆俺の姿に怯え、逃げて行くばかりだった。
だけど君だけは何も言わずにいつも傍に居てくれたね。
俺にとって君は太陽のように大きく暖かい存在だった。

『俺も君のような姿に生まれていたら皆に愛してもらえたかな…?』

そんなつまらない愚痴さえも君は静かに聞いてくれたね。


愛しい君よ…
君を遺して独り行く事をどうか許して欲しい…