※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さぁ俺を踏み越えて行くが良い

 死屍累々。
 そんな言葉が脳裏に浮かんだ。

 オレたちは今日、高校を無事に卒業した。
 問題ばっかり起こしてたけど、いざ卒業してみるとサミシイもんがある。
 いやでもめでたい。何にせよめでたい。
 そんなわけで、卒業式のあとにはお決まりの宴会がスタートしたわけだ。
 みんな浴びるように酒を飲んでいたが、オレは味覚がコドモなのか、酒をあまりうまいと思わない。
 必然的に、飲む量は誰よりも少なくなった。
 大量にあった酒がどんどん減っていって、酔いが回っておかしなことになる奴が増えてきた。

 そして、この有様だ。
 もちろん本物の死体というわけではない。死体はこんなにぎゃあぎゃあうるさくないはずだ。
 素面なのは自分一人。もしかして後片付けも自分一人、だったりするのだろうか。
 未だ見ぬ悲しい未来を思い浮かべながら、とりあえず空いた缶をポリ袋に入れてゆく。

 喧噪の中で、チャイムが鳴った。
 家の主もその仲間も、みんな酔っ払っていて出られる状態じゃない。
 そんなわけでしかたなく、誰に命令されたわけでもないが、オレが客人の応接をすることになった。
 ただ残念なことに、玄関までの道のりには死体がごろごろ。踏まずに進むにはちときつい。
 手始めに、一番かさの高い渡辺を踏んづけてみる。
「ぅおえっ! おま、オレの屍を踏み越えていくなよ……」
「いや普通逆じゃね? つか踏み越えさしてくれよ屍くらい。」
「屍くらい、て。今のオレはデリケートなんだから、優しく扱ってくんねーとリバースしちまうぞ。」
「はいはい、もうおまえがキモいのはわかったから。」
「ちょっとこの子反抗期?!」
 渡辺と同じように邪魔な奴らを片っ端から踏んづけて、やっとのことで玄関に辿り着き、ドアを開ける。
 そこに立っていたのは結構意外な人物、だとオレは思う。
「あれっ、鳥井じゃん。どしたの?」
 鳥井は同じクラスだったが、オレはあまり接点がなかった。
 勉強も運動も得意で、寡黙な男前。元・弓道部部長。オレの知っている鳥井情報はこんなもんだ。
「もしかして、おまえも宴会呼ばれてた?」
「いや……」
「でももうちょっと早く来るべきだったなー。もうみんなべろんべろんだぜ?」
「……オレは、宴会に参加しにきたわけじゃない。」
「あ、そうですか……。」
 そんな、そこまできっぱりと否定しなくても……。
 鳥井はオレの周りの連中みたいに冗談を言ったりするタイプではないので、二人で話すとなると結構困難だったりする。
「えーっと、じゃあ鳥井は何で」
「鳥井?!」
 ここに来たんだ、と尋ねようとしたのを遮られた。
 遮ったのは鳥井を呼ぶ悲鳴にも似た声で、足音やらうめき声やらも一緒に聞こえてきた。
「鳥井っ!」
 恐らく死体の中の一人であろう誰かがオレを押しのけ、そして、鳥井を力いっぱいビンタした。
 鳥井はその衝撃によろめいたが、何とか体制を立て直す。
 オレは目の前で繰り広げられた光景に、茫然自失することしかできなかった。
 こいつは、鳥井はビンタをされにきたのか? いやいやそれはないだろう。そもそもこの後ろ姿は……
「トモ?」
 先程の悲鳴のような声と足音はトモのもので、うめき声は誰かがトモに踏まれたときのものだろう。
 鳥井に強烈な一発をお見舞いしたトモは、肩で息をしながら耳まで真っ赤にしている。
「何でもっと早く来てくんねーんだよ!!」
「……悪かった。」
「鳥井が追っかけてこなかったらと思うと、おちおち酒も飲めねーよ!」
 うーん、どう見ても泥酔状態ですけどねトモさん。口に出したら怒られるから言わないけど。
「おまえなんか、きらいだよ……」
 いつも明るく笑っているトモが、ぼろぼろと涙をこぼしながら鳥井を睨みつけている。
 鳥井はと言うと更なる謝罪をするでもなく、ただそっと、トモを抱きしめただけだった。
 しばらくして我に返ったトモに、またビンタをくらってたけど。

 あとから話を聞いたところ、オレはこいつらの痴話喧嘩に巻き込まれただけのようだった。
 それにしても、痛い愛だなぁ。オレは絶対にお断りだ。
 頬を腫らしてるところ悪いが、鳥井にも後片付けを手伝ってもらうことにしよう。

 あ、そうそう。ちなみにオレは、安田。ただの狂言回しである。