※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あの舞台に立ちたかった

彼が袂を翻せば、薄紅の花びらが舞い散った。
彼が腕を伸ばせば、剣戟の響きが満ちた。
彼が虚空を見据えれば、そこに愛しい相手が、憎い敵が、過去が、未来があった。
まだ小学校にも上がらない僕は、その時彼の舞台に魅せられたのだ。

あの舞台に立ちたい、と思った。
あの美しさを自分のものにできたら、どんなにかいいだろう。
僕は宗家の跡継ぎだった彼に弟子入りした。
舞はなかなか身体に馴染まなかった。それでも僕は、懸命に稽古に励んだ。
あの舞台に立つために。
あの美しさを手に入れるために。

結局、僕には才能がなかった。
やめる直前、一度だけ舞台に立った。
奇しくも彼に感銘を受けたのと同じその場所に立った時、僕は気付いてしまった。
僕が立ちたかったのは、ここじゃない。
ここには彼がいない。
美しさそのものだった、彼がいない。

当時、彼はすでに第一線から退いており、共演は叶うはずもなかった。
僕は溢れそうな涙をこらえて演じきり、つつがなく舞台を終えた。
こうして僕は、彼と完全に道を違えた。


今でも時折思う。
一度でいい。彼とともに、あの舞台に立ちたかった、と。