※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

勘違い

佐倉は俺を選んだわけじゃない。
男が切れて寂しかったから。
ルームメイトが俺だったから。
俺が佐倉の性癖を嫌悪しなかったから。
ほら、理由はいくらでもある。

だから、「もしかして佐倉も俺のことを……」なんて勘違いしちゃ駄目だ。

佐倉の好みは年上の渋いパパ。
間違っても俺みたいな青臭い同級生じゃない。
佐倉の基準はお金持ち。
自立もできていない俺なんて問題外だ。
佐倉が俺に目を向けるはずがないんだ。

勘違いしちゃいけない。
いくら俺が佐倉を好きでも、アイツにとって俺はセフレなんだ。

あぁだけど、分かってはいるけれど。
隣で眠る佐倉のあどけない顔を見ながら、思わずにはいられない。

大丈夫。分かってる。
梅宮は、ただ同情してくれてるだけ。

男が切れたなんて嘘。
誰かと付き合ったことすら、一度もない。
年上のパパが好みっていうのも嘘。
好きなのは、今までもこれからも一人だけ。

気持ちごとなら重くても、身体だけなら慰めてくれるかもしれない。
そう思って、浅ましく誘った。
抱いてくれてありがとう。
優しさを利用してごめん。
大丈夫、勘違いはしない。
僕は梅宮を好きだけど、彼は僕を好きじゃない。
ほら、ちゃんと分かってる。

いつものように布団を抜け出して、眠る梅宮を横目に服を着る。
それから彼の髪にちょっと触れて、目覚ましをかけて部屋を出る。
昼間はただのルームメイト。
この関係は夜だけ。
ちゃんと区別する。


勘違いしたり、しない。