※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

豆乳×牛乳

「最近元気ないですね。牛乳らしくないですよ」
「うるせー。だまれ豆乳」
「ほら、今日だって機嫌が悪い」
「こっちくんな。お前なんか嫌いだ」
「どうしてそんな心無いことを言うんです。ぼく何か気に障るようなことしました?」
「うるせーってんだよ」
「悪いところがあるなら直しますから、言ってください」
「ほっといてくれよ!俺にかまうなっ」
「え…ちょ…泣いてるんですか?」
「泣いてねーよっ!何言ってんの!?馬鹿じゃねーの?泣くわけねーじゃ…」

「何があったんですか」
「…やめ……はなせ」
「何か、あったんでしょう?」

「………俺、俺…嫌われてんだ、もう、いらない子なんだっ!…うぅ…うわぁぁぁああん!!」

「ぎゅ、牛乳?そんな泣かないで…いらない子って、一体」
「うっ…うぅ…ひぃいっく……豆乳なんか、豆乳なんか大っ嫌いだぁぁあ!!」
「ぼくが悪いんですか!?」

「……俺、捨てられてるんだって…最近あんまり売れてなくて、
 たくさん余ってどうしようもなくて捨てるしかないんだって
 ……全部、お前のせいだぞ!豆乳!!
 お前が、イソフラポンだかボンだかで女の気チャラチャラ惹いてさ、
 俺より低カロリーで美容にもいいとか言われて
 調子にのって石鹸やローションなんかにまでなって、すげー人気じゃん」
「そんな…誤解です」
「ヨーグルトやプリンにもなるし、クッキーだってお前使ってるってだけでもてはやされるし、
 もう俺なんてみんな要らないんだよ、全部お前で代わりがきくもん…
 温めたとき表面にできる膜だってさ、俺のはキモイとか言われてわきによけられちゃうのに
 お前のはユバだ!ユバ様だ!刺身醤油で美味しくいただかれてんだ!
 植物性ってのもいいよな、自然にやさしそうで今っぽいじゃん?
 俺なんか動物性で短気っぽいし獣臭そうだし、どうせ俺は雑巾で拭いたら臭いし…んっ………ん」
「………」
「……っ…」

「もう、言ってることめちゃくちゃですよ…」
「………っにすんだ…」
「…少し黙ってください」

「……ぼくが、豆乳が牛乳に適うわけないじゃないですか」
「……だって、現に」
「ぼくは所詮あなたの模造品に過ぎない。今のは単なるブームです…
 本物の味を求めたら、牛乳にはかないません。ぼくは、いつだってあなたに憧れてるんですよ」
「…うそだ」
「あなたのようになりたくて、ここまできた。あなたに認めて欲しくて、あなたの横に並びたくて…
 成分の調製にはずいぶんと苦労させられました。
 みんなだって、本当はわかってる、あなた無しじゃいられないことを。あなたの良さを」
「………」
「そのうちまた、ぼくなんか足元にも及ばない人気ものになっちゃいますよ。
 で、ぼくはまた、棚の隅っこで一列陳列に戻ってるんでしょうね。
 離れ離れは寂しいですけど…」

「…んなこたねーよ……お前のよさだって、みんなわかってる」
「牛乳…」
「……お前が模造品だなんてことはねーよ

「…乳くせぇキスしやがって」