※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クルデレ×ツンデレ

部活が長引いて帰る頃にはずいぶん暗くなっていた。
帰り道、俺はいつもどおりあいつを乗せて川沿いの土手を自転車で走った。
風が涼しいせいか、いつもより背中の温かさが嬉しくって、つい
「俺、この学校に来て、お前と会えてほんとによかったよ。」
と、思った事をそのまま口にしてしまった。…ちょっと唐突だったかな、
とか思っていたら、突然転げ落ちるようにあいつが自転車から飛び降りた。
「な…、大丈夫か?弥生。」
「……っっ、それは俺の台詞だっ!!何言ってんだお前、馬鹿じゃねぇの!?」
俺は自転車を止めて、地面に転んでるあいつに手を差し伸べた。
「いや、だって本当にそう思ったから。」
「思うなそんな事っ!!俺は全っ然、一回もそんなこと思った事ねぇ!!」
あいつの白い肌が、暗がりでもわかるくらい真っ赤になっている。
「…そうなのか。」
俺がそう言うと、あいつは急に言葉に詰まって、黙り込んでしまった。
そうか、こんな風に思ってたのは俺だけだったのか。はっきり言われると少し寂しい…かな?
でもまあ、こうやって傍にいられるんだから、まあいいか。
しばらくあいつが何か言うのを待っていたけど、今日はもうだいぶ遅いことだし…
「じゃ、帰ろうか。」「一回くらいなら……」
二人の声がぶつかった。
あいつはなんだか拳を握りしめて下を向いている。…俺は何か言ったほうがいい気がして、
「…今、なんて言ったかわからなかったからな。」
「うるっっせえっ!!」
顔すれすれにパンチが飛んできた。
想いを伝えるってことは、案外手間がかかると、俺はその日学んだ。