※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大人と呼ぶにはまだ早い

「愛してるよ、伊藤」
「はいはい」
「大好き」
「俺もですよ」
軽く流すことに勤める俺に、奴は頬を膨らませた。いくつだよお前。
「真面目に聞いてよ」
「真面目に聞いてますよ。で、何だって?」
やっと俺が弁当から顔を上げたら、奴はぷいと顔を背けた。
いちいち子供っぽい怒り方に笑いそうになるが、そこは抑える。
2人しかいない昼の放送室。誰も見てない空間。
まぁ、こんな場でならタワゴトを聞いてやらんでもない。
俺が弁当を食い終わって、小さくゴチソウサマを呟くと、奴はやっとこっちを向いた。
「俺はさ、伊藤とずっと一緒にいたいわけよ」
「アリガト」
子供じみた言葉。笑える反応を期待していたが、その顔は意外に真剣なままだった。
口周りに一杯弁当つけてさ?決まらない奴だねどうも。
「伊藤は俺のこと、どう思ってる?ただの友達?」
「坂内は坂内でしょ」
「そうじゃなくてさぁ・・・」
何だよ。ちゃんと答えてやったのに文句言うか?
「お前がホモだろーが変態だろーが手近なので済ませたいだけのスケベだろーがな」
俺たちは、家庭内では子供と呼ばれる。社会では大人かというとそうは言わない。
「・・・ただ、俺を好きなだけだろーが、まんま受け止めてやるっつってんだよ」
大人と呼ぶにはまだ早い心と体。子供と呼ぶには熟したそれら。
こんな今だからこそ、馬鹿な夢を語っても赦されるよな?
言葉の意味を理解しかねて、妙な顔をしている奴の、
口の端についた米粒を舐め取ってやった。