※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最後のメール

『別れたい。』


恋人からの突然の別れ。
なぜこんなことを言うのか・・・
それすら分からず、部屋の中に立ちすくむ。
理由を聞くことすら阻む、決定的な四文字。
電話することが震えて出来なかった・・・

彼はいつでも俺を喜ばす言葉をメールで言う。
たとえば、デートの予定とか。
たとえば、好きとか愛してるとか。
俺だってまぁメールするけど、圧倒的に電話することが多かった。
彼にも、たまには電話しろとよく言った。
俺は感情が見え隠れする彼の声が聞きたかった。

だからメールは嫌いだった。
メールだと一切の感情を消してしまう気がするから。
それ故に、『別れたい。』の四文字が今、一層と際立った。

未だ立ち尽くしたままの俺はそれを感じて携帯を閉じた。