※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロボット×人間

「たまには怒れよ…」
いつも文句ひとつ言わず俺に従うあいつに、無駄だと知りながら言ってみた。
「私はユキト様に従うお世話ロボですから。仕事に邪魔な感情は備え付けられていないのです。」

見た目は人間とどこも変わらないのに、
温かみすら感じるこの肌の下には無数の機械が埋まっている。
この肌に傷がついたとき流れ出るのは真っ赤な血ではなく、機械油だ。
ロボットなのだ、この優しげな風貌の男は。
その証拠に、初めてあった子供の頃からこいつの見た目は1mmたりとも変化していない。

「おまえ、いいのかそれでも。ずっとこのまま俺に仕えるだけの一生でも。」
これも何度も繰り返した質問だ。答えもいつも同じ。
「私はそのために作られたのですから。」
でも、今日はその聞きなれたセリフに続きがあった。
「それに、私はこの生活に満足していますから。
あなたに仕えるためのプログラムを受けながら、こんな日がくるのを楽しみにしてました。
初めてあなたの成長過程のホログラムを見せられた日から、ずっと。」

そんなふうにプログラムされただけかもしれない。
でも、思ってもいいか?
俺もおまえに愛されてるんだって。
おまえはちゃんと幸せなんだって。
俺の一方的な想いじゃなくて、おまえも想ってくれてるんだって。
今だけでいいから、勘違いでいいから。

「なぁ、俺といて幸せ?」