※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

殺して?

じり、と背後から近づく音がする。
今振り向いたら、お前はどんな表情をするだろうか。
また少しお前との距離が縮まった。
胸が高鳴る、死を意識したからか、お前の吐息を感じるからか。
さあ、その剣を振り下ろせ。
抵抗などしないよ、狙いが逸れては困るだろうから。
目を閉じて誰にも聞こえないように囁くのは、お前の幸せを願う言葉。

じり、と背後から近づく。
お前を殺せば、俺は世界から英雄と称えられるのだろう。
また少しお前との距離を縮める。
胸が高鳴る、この手で命を奪うからか、お前に初めて触れるからか。
ゆっくり剣を構えると、俺はそれを渾身の力を込め振り下ろす。
あっけなく、何の抵抗もなくお前は地に倒れた。
俺は震える手で、魔王と呼ばれた愛しい人の亡骸を抱き寄せた。