※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

笑わない人

君の笑顔が見たい。
それだけが僕の望みだった。

君は何故だか僕にだけ笑顔を向けてくれなかった。
切れ長の瞳に宿る冷ややかな視線。他の人間にならば、よく喋り朗らかに笑う魅惑的な唇も、頑なに閉ざされたまま。
僕が君の目の前に立っても、君は僕から目を逸らし、まるで僕など傍にいないかのようにふるまう。
その冷たさに、どうしてなのだろうと悲しい気持ちを抱えたまま、それでも僕は君になんでもしてあげたかった。
防音の行き届いた広いマンション。寝心地のいい豪華なベッド。
有名レストランのケータリングは間違いなく美味しかったし、君が読みたがっていた洋書もほら、取り寄せたんだ。
退屈しないように揃えたゲームもパソコンも、好きに使っていいんだよ。
この部屋にある物は全部、君のためだけに揃えたんだから。
金任せかと君は言うかもしれないけれど、それでも僕は君に笑ってほしいんだ。
ほんの少しでもいい。
いつも僕を蔑むようにしか見ない君が、楽しそうに笑ってくれたなら。

「だったらこれを外してくれ」
じゃらりと音を鳴らして、君が左腕をもどかしげに揺らした。
そこには君を拘束する、太くて頑丈な鎖がベッドと君を繋いでいる。
なんだか君は少し痩せたみたいだ。
最初の頃は手首にしっかりと嵌っていた枷が、今は少し緩んで肘の方へと落ちている。
あんなに美味しい食事を毎食用意させているのに、どうしてなのか君はいつもあまり食べたがらない。そのせいだ。
「そんなこと、できるわけないだろ」
「どうして!」
またそんな顔で僕を見る。
絶望的とすら言える表情で君は叫んだ。
それは絶叫だったのかもしれない。
そんな声が聞きたいわけじゃないのに、どうして君は解ってくれないんだろう。
「…だって君はいつ笑ってくれるか解らない」
もしかして僕に向けられるのは、生涯ただ一度かもしれないその笑顔を、見逃すわけにはいかないんだ。
そうだろう?

偽者なんていらない。
君が本当に、心の底からの笑顔を僕に向けてくれる瞬間を待っているんだ。
こうしてただ、君の傍で。